容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

職場での情事

  1. 2011/11/12(土) 01:39:39|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:3|
  4. コメント:1
山崎さん!今日は同じ昼の勤務で嬉しく、そして、嫌でもあそこが濡れてくる、昨晩のあの人は激しかった・・・そして、優しくて凄くいたぶられた・・

と、昨日の回想で20分の申し送りも耳に入らないまま、仕事が始まる。
ふと、オムツ交換をしていると山崎さんが『ちょっと来て!』と、私はいけないと思いながらも、呼ばれた空室に足早に駆け込んだ。207号室。
嫌でも股間が濡れているのを自覚している自分が居た。そして山崎さんを見て、即座に鍵を閉め白衣を脱ぐ私、そして『抱いて!』と哀願してしまった・・・でも、山崎さんはクリをいじって舐めて、シックスナインをして、更に入れて欲しいと言う私を振り切って部屋を出た。

それから私は何とか仕事をこなしながらも、さっきおま○こに入れられていたゆで卵二つがきゅっきゅっと、中で私の敏感な部分を刺激しつつ数時間が
経過・・・・・・・

欲しくてたまらない

でも、既婚者の山崎さんは奥さんと仲良くやってるいるのか?


股間はうずくが、嫉妬に燃えるわたしでもあり、数時間彼のマンションに
ひそむが2時間ほど待ち、大きな息子がいる自宅に帰る、これ幸いに
声すらださなければオナニーはやれる・・・そんな自分は山崎さんを
妄想しながら2回果てた・・・。でもかれの○んぽが欲しくてたまらない。

理想のクリスマス

  1. 2011/11/11(金) 17:49:04|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
間もなく37歳になる私は出会いもなく、幼稚園に通う子供と二人で暮らしている。夜の自由がきかないという理由で、俗に言う女ざかりの今、お酒でも飲みに行き、行きずりでも、誰でもいいから快楽を得たいと毎日しきりに思う。
しかし、試行錯誤するが、結局自由がないので援助交際や、デリ嬢にでもなる以外、このほてった体をどうすることも出来ないのかと思い悩む。

そんなある日、ネットで仲良くなっていた男性からクリスマスイブの前日の夜メールが届いた・・。『たまたま出張で、福岡まで明日行くから会おう!』という内容。

私は迷わず会いたいと伝え、待ち合わせ場所や時間を打ち合わせ、少し興奮気味に次の日を待っていた。そして、子供を幼稚園に送り、女のスイッチが既に入ってしまい、じわじわと自分の秘所が湿ってくるのが分かり、更に興奮する。そして、待ち合わせ通りに福岡空港で落ち合った・・・と、その時挨拶もままならない勢いで障害者用トイレに痛いくらいに手首をつかまれ引っ張り込まれる、何がなんだか分からないままおっぱいははだけ、ストッキングはビリビリと破かれ、その知人の男性が私のクリトリスをピチャピチャと音を立てながら舐めまわし、指は中をかき混ぜている・・・驚きと、羞恥心と、快楽でパニックになりながら、『あ・・・ぁぁぁ駄目・・』と声が出てしまっている自分がいた。知人の男性は『びしょ濡れにしやがって本当にやめてほしいのか?』と、私は『や・・・めな・・・い・・・で・・ああっ!』と、性の奴隷になっていっている自分を自覚していた。

普段チャットでは、ごく普通の紳士で、エッチな話も笑いながら話す程度で、
そのギャップにも萌えてしまう。

少し思考が冷静になり、横を見ると私の恥ずかしい姿が鏡にうつっている、おっぱいは真っ赤になるほど揉まれ、乳首は痛いほどに噛まれ、快楽で立っていれなく、まだ全身と穴とクリトリスを攻められ続けて、何度も頂点に達しながら、潮も吹かされその辺がびしょびしょに濡れている・・・。お○んちんをしゃぶりたいと言っても、彼は結局私を舌と、指で攻めるだけ攻めて私は、ぶちこんで欲しかったが、その時は願いがかなわなく、彼は私のお○んこに真っ黒なとても大きいバイブを挿入・固定させ、はだけた服を元に戻し、何事もなかったかのようにトイレを足早に出た。

それからタクシーで移動するも、容赦なく彼の手にあるリモコンがONになり、声を押し殺すのに必死で、昼食でファミレスに入っても、ブラを取らせられ乳首が立っているのが誰にでも分かり、気のせいかやたら視線をかんじながらも私の中で暴れまわるバイブが私の理性を失わさせる、そして彼は指示はするが
口数が少なく、ほとんど黙っていた、しかし、そのあとろくにご飯もろくに食べれないまま彼のとってるビジネスホテルに行くことになった。

彼は、ホテルにクリスマスの飾りやシャンパン、料理を用意してくれていたのだ!そして、『ごめんね!お前の犯されているとこが見たかったし俺が犯したかったんだと可愛い笑顔まで見えた』そして、優しく服を脱がされてお互い産まれた時の格好でお風呂に入り、シャンパンを飲み、料理も食べながら、食べている最中に指マンされ、私の中に、大きなお○んちんが入ってきた。私は何度も何度も絶頂に達した!

そして、私のことを好きになってしまったかもしれないと言い残して今回は別れたが、正月にまた会う約束をして思い出しながら、オナニーにふける私でした。早く生のお○んちんが欲しくてたまらない・・・。

お初〜♪

  1. 2011/02/05(土) 07:47:27|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:3|
  4. コメント:0
大きい文字

何かよくわからんけど、日記を書き始める。

日記は数箇所持ってはいるが、赤裸々日記は初めてなので、
なんでか緊張w

でも、なんか楽しい♪

ここ1年以上、女であることはなく、おかーちゃんとして
つっぱしってきた。

そこで、37歳にして、とある男性に恋したが・・・

少しずつエロを楽しめる自分になっていきたいと
切に思う。

DTIブログって?

close